連盟規約

第1章   名 称
第1条 本連盟は、「北海道ジュニアバスケットボール連盟」と称する。
第2条 本連盟の事務局を事務局長の職場内に置く。
第2章   組 織
第3条 本連盟は、北海道バスケットボール協会を組織する地区協会を通して加盟登録した中学生チームをもって組織する。
第3章   目 的
第4条 本連盟は、北海道におけるジュニアバスケットボール競技の普及発展、並びに技術の向上を図るとともに、中学生の心身の健全なる発達と社会性の育成を図ることを目的とする。
第5条 本連盟は、北海道バスケットボール協会および各地区協会、各地区ジュニアバスケットボール連盟と密接なる関係を保ち、本道バスケットボールの伸展に寄与する。
第4章   事 業
第6条 本連盟は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
 1.競技会の開催
 2.講習会ならびに研修会の開催
 3.その他、目的達成のために必要と認められる事業
第5章   役 員
第7条 本連盟は、次の役員を置く。
   会 長   1 名
   副会長   若干名
   理事長   1 名
   副理事長  若干名
   事務局長  1 名
   常任理事  若干名
   理 事   若干名
   監 事   2 名
第8条 本連盟は、名誉会長、顧問および参与、委員をおくことができる。
第9条 会長・副会長は、理事会の推薦によって決定する。
第10条 理事は、北海道ジュニアバスケットボール連盟を構成する各地区ジュニアバスケットボール連盟より推薦を受けて選出された者とし、会長がこれを委嘱する。
第11条 理事長・副理事長は理事会において選出し、会長がこれを委嘱する。
理事長は本連盟のすべての業務を統括する。
副理事長は理事長を補佐し、理事長事故ある時は、その職務を代行する。
理事長・副理事長は、事務局長を兼ねることができる。
第12条 会計は、本連盟の会計一般の事務を行う。
第13条 常任理事は、理事会が選出し、会長がこれを委嘱する。
常任理事は常任理事会を構成し、理事会の承認を決定された事業の執行にあたるとともに、目的達成のための業務を企画運営し、理事会提出の原案の作成を行う。
常任理事会は、業務執行のため必要に応じて専門委員会を構成して業務を分担することができる。
専門委員会は、必要に応じて委員をおくことができる。
委員は、常任理事会が推薦、理事会が選出をし、会長がこれを委嘱する。
第14条 監事は、理事会において選出し、本連盟の会計を監査し、理事会に報告して承認を受ける。
第15条 名誉会長、顧問および参与は、理事会において選出し、会長の諮問に応じる。
第16条 役員の任期は2年間とする。だたし、再任を妨げない。
役員に欠員を生じたときは、速やかにその補充をする。補充された役員の任期は前任者の残任期間とする。
第6章   会 議
第17条 本連盟の会議は、次の通りである。
 総   会
 理 事 会
 常任理事会
 専門委員会
第18条 総会は、役員及び委員で構成し、毎年1回会長が招集する。理事会は、定例理事会と臨時理事会とし、定例理事会は毎年1回会長がこれを招集する。両会とも副理事長が議長となる。
第19条 総会は、構成員の2分の1以上の出席によって成立する。理事会は理事の3分の2以上の出席によって成立する。欠席の場合、委任状の提出により定数成立とみなす。
決議は多数決によるものとし、賛否同数の場合は、会長の決定による。
第20条 総会・理事会は、次の事項を決定または承認する。
 1 予算並びに決算
 2 役員の選出並びに推薦
 3 年間事業計画
 4 規約の改正
 5 その他の重要事項
第21条 常任理事会は、理事長が招集し、その議長となる。
第22条 常任理事会は、常任理事2分の1以上の出席をもって成立するものとする。委任状による場合および、その議決は第18条と同様とする。
第23条 常任理事会は、理事会で決定しなければならない事柄についても、必要に応じ決定することができる。ただし、この場合は、後日理事会に報告して、その承認を得なければならない。
第24条 専門委員会は、本連盟の目的遂行のため、必要に応じ、その専門業務について検討・遂行する。ただし、この場合は、後日常任理事会に報告して、その承認を得なければならない。
第7章   登 録
第25条 本連盟に加盟する各地区連盟または各地区協会は事業年度の5月末日までに、所定の登録用紙に記入して、登録しなければならない。登録されるチームに所属している者は中学生とする。
第26条 登録されたチームについては、本連盟事務局より、北海道バスケットボール協会および日本バスケットボール協会へ届け出なければならない。
第27条 本連盟に加盟していないチームおよび選手は、本連盟の主催する競技会および事業に参加することはできない。本連盟への二重登録は認めない。
第8章   賞 罰
第28条 本連盟の規約および付則・細則または通達した事項に反する行為のあった加盟チームについては、常任理事会の議決を経て処分することができる。
第9章   会 計
第29条 本連盟の経費は、負担金・競技会参加料・事業収入・補助金・寄付金およびその他の収入をもって充てる。
第30条 本連盟の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日とする。
第10章   その他
第31条 本連盟の規約の施行にあたっての細則は、総会・理事会に決議を経て、別に定める。
第32条 総会・理事会の開催の遅れによって、役員の改選ができない場合は、新役員が決定するまで、現役員の責任において業務を遂行する。